24時間限定で閲覧できるインスタグラムのストーリーには、閲覧者リストが備わっています。

いわゆる「足跡」と呼ばれ、誰が投稿を見たのか、が分かる仕組みです。

今回は、インスタグラムのストーリーの足跡を残さずに閲覧する方法や足跡を消す方法について詳しくご説明します。

インスタの足跡を確認する方法

インスタのストーリーには、閲覧者が分かる「足跡」と呼ばれる機能があります。

投稿は24時間で消えてしまいますが、閲覧したアカウントは「閲覧者リスト」に履歴が残り、確認することが可能です。

ストーリーの閲覧者リストには、自分の投稿をよく見てくれている人やいいね!をくれる人など興味関心が高いユーザーが上位に表示される仕組みになっています。

ただし、閲覧したアカウントが分かるだけで、カウント機能はないので閲覧回数までは表示されません。

インスタで足跡が残る場合

インスタで足跡が残るのは、ストーリーの閲覧だけではありません。

ここでは、閲覧の際に足跡が残る場合について、詳しく見ていきましょう。

ハイライトの閲覧※

ハイライトとは、投稿されたストーリーを保存できる機能です。

24時間で消えてしまうストーリーをプロフィール画面で保存・公開できるものですが、ストーリー投稿から24時間以内にハイライトに追加されたストーリーを閲覧した場合は、足跡がつくので注意が必要。

ダイレクトメッセージ

インスタグラムのダイレクトメッセージは、メッセージを確認すると「既読」の表示が付く仕組みになっています。

インスタのダイレクトメッセージは、指定した相手だけでに公開されるものですが、「既読」の足跡機能の一つだと考えられるでしょう。

投稿へのコメント・いいね

フィード投稿へのコメントやいいねも足跡が残り、相手だけでなく他のユーザーに対しても公開されます。

写真をダブルタップするだけでいいねが付いてしまうため、足跡をつけたくない場合は注意しましょう。

インスタライブの視聴

インスタグラムのライブ視聴もリアルタイムに閲覧者が残る仕組みです。

ライブ配信をしているユーザーと閲覧をしているユーザーは、新しく閲覧を開始したユーザーを把握できる仕組みになっています。

フィード投稿・ストーリーへタグ付け

フィード投稿やストーリー投稿にタグ付けをすると、タグ付けをした相手に通知されます。

タグ付けしたことが相手に通知されるため、通知したことに対して足跡が残る形になります。

フィード投稿の場合は、アクティビティに、ストーリーの場合はダイレクトメッセージ内に通知される仕組みです。

インスタで足跡が残らない場合

続いて、インスタグラムで足跡が残らない場合も見ていきましょう。

アカウントの検索

インスタのアプリ内で特定のアカウントを検索して、相手のプロフィールを閲覧しても足跡に残ることはありません。

ハイライトの閲覧

投稿から24時間が経過したストーリーをまとめたハイライトを閲覧した場合も、足跡は残りません。

ただし、ストーリー投稿の24時間以内にハイライトに追加された投稿を閲覧した場合、通常のストーリーと同様に足跡が残ってしまうため注意が必要です。

リール(Reels)の閲覧

リールは再生回数のみが表示され、ストーリーのような足跡が残ることはありません。

ただし、ストーリーとしてシェアされたリールには足跡が残ってしまうため注意が必要です。

▼インスタグラムのリールの詳細はコチラ
Instagramの「リール」の使い方や投稿方法・ストーリーの違いなどを解説!

プロフィールの閲覧

プロフィールの閲覧だけでは足跡が残ることはありません。

ただし、プロフィールのアイコンをタップした時に表示されるストーリーを閲覧した場合は、ストーリーに足跡が残ってしまうため要注意。

投稿から24時間が経過したハイライトの閲覧であれば、足跡が残る心配はないでしょう。

フィード投稿・動画投稿の閲覧

フィード投稿や動画投稿の閲覧だけでは足跡が残ることはありません。

ただし、いいねやコメントなどのアクションを起こすと足跡が残るため注意です。

IGTV動画の閲覧

IGTVはインスタグラム内で最長60分の長尺動画を投稿・視聴できる機能ですが、足跡機能はありません

閲覧だけでは、どのアカウントが閲覧したのか、までは把握できないようになっています。

▼IGTVの詳細はコチラ
Instagramの「IGTV」の使い方を解説!投稿方法や企業アカウントの活用方法も紹介!

ストーリー・フィード投稿のスクショ

通常のストーリー投稿やフィード投稿のスクショを撮影しても相手に通知がいくことはありません。

ただし、ダイレクトメッセージの機能である、消える写真や動画のスクショの撮影は、撮影したことがバレてしまうため要注意です。

インスタで足跡を削除する方法

ストーリーを閲覧して一度付いてしまった足跡を消す方法としては、「自分のアカウント自体を削除する」方法しかありません。

自分のアカウントを削除してしまうと、同じユーザーネームでの登録などは不可になってしまうため、あまり有効な手段ではないでしょう。

現時点では、一度ついた足跡を消す方法はないので、次の項目で足跡を残さずにストーリーを閲覧する方法についてご紹介します。

インスタで足跡を残さずにストーリーを閲覧する方法

インスタで足跡を残さずにストーリーを閲覧する方法としては、次の3つの方法があります。

サブアカウントから閲覧する

アカウントから特定されたくない場合は、本アカウントとは別に閲覧専用のサブアカウントを作る方法があります。

完全に足跡をつけない方法ではありませんが、メインアカウントは把握されたくない場合に使える方法でしょう。

ただし、サブアカウントで閲覧するデメリットとしては、下記のようなものがあるため要注意です。

  • 足跡は残る
  • 鍵アカウントは閲覧できない
  • 鍵アカウントにされてしまう可能性がある
  • ユーザーネームに注意する

鍵アカウントの場合は、フォローの承認が必要になるため、特定できないアカウントは承認してもらえない可能性が高くなるでしょう。

外部アプリを使う

インスタグラムの非公式ですが、外部アプリを使用すれば、足跡をつけずにストーリーを閲覧することが可能です。

アプリからインスタグラムへのログインは必要になりますが、ストーリーの閲覧では足跡は残りません。

足跡を残さずにストーリーを閲覧するためには、外部アプリを使うことも方法の一つです。

ストーリー閲覧後にアカウントをブロックする

ストーリーの閲覧後にアカウントをブロックすることで、強制的に足跡を非表示にすることが可能です。

ブロックしたことは相手に通知されることはありませんが、フォロー数の減少などから推測される可能性はあります。

また、ストーリーが消えるまでの間にブロックを解除してしまうと、再び足跡が掲載されてしまいます。

ストーリーが消えるまではブロック解除しないように注意が必要です。

インスタのストーリーの足跡は投稿と共に消える

今回は、インスタのストーリーの足跡を付けずに閲覧する方法についてご紹介しました。

ストーリー投稿は24時間で投稿自体も消えますが、閲覧者も24時間経過後は見えなくなってしまいます。

足跡が残ることが気になる方は、外部アプリやブロックなどの機能を使うことで一時的に非表示にすることが可能です。

弊社では、企業向けのインスタグラムの運用やサポートなどSNSマーケティングのサポート事業を行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もおすすめです

大阪のオウンドメディア制作を行うコンサル会社の実績とは

大阪のオウンドメディア制作を行うコンサル会社の実績とは

目次閉じるオウンドメディアとはオウンドメディアが求められている背景■アプリ、SNS…

【最新】インスタの人気エフェクト機能の使い方や検索・保存方法を解説!

【最新】インスタの人気エフェクト機能の使い方や検索・保存方法を解説!

インスタグラムの機能の一つである「エフェクト機能」は、女性ユーザーにも大人気の…

インスタグラムのリポストでシェアするやり方を解説!リポストの注意点や企業の活用事例も紹介

インスタグラムのリポストでシェアするやり方を解説!リポストの注意点や企業の活用事例も紹介

インスタグラムには自分以外の投稿をシェアする「リポスト」機能があります。 Twitte…

インスタの「Live Rooms(ライブルーム)」のやり方は?日本ではいつから?

インスタの「Live Rooms(ライブルーム)」のやり方は?日本ではいつから?

インスタグラムの最新機能として注目が高まる「Live Rooms(ライブルーム)」。 従来…