インスタグラムのビジネスアカウントでは、インサイトと呼ばれる分析機能があります。

インサイト分析を行うことで、Instagramマーケティングに必要な改善点や仮説、そしてKPIの設定に役立てることができます。

今回は、Instagramのビジネスアカウントの公式機能であるインサイト分析について、分析方法などを詳しく解説します。

インスタグラムのインサイトとは?

インスタグラムのインサイトとは、自社のアカウントのフォロワー数の推移や男女比、年齢構成、反応がよかった投稿などを知ることができる公式ツールです。

インサイトを確認することで、アカウント全体の分析にも役立ちます。

インスタグラムのインサイト分析は、ビジネスアカウントに移行した後の投稿からしか分析できないので、早い段階でビジネスアカウントに移行されることをおすすめします。

インスタグラムのインサイトで見れるデータ

インスタグラムのインサイトで見れるデータは、次のようなものがあります。

  • 全ての投稿に対する反響の確認
  • 投稿に対する反情の確認
  • ストーリーに対する反響の確認
  • フォロワーの分析
  • 運用している広告の確認

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう!

全ての投稿に対する反響の確認

インサイトの画面からは、下記の内容をチェックすることができます。

  • インタラクション:他のユーザーがアカウントで実施したアクションの回数
  • インプレッション:投稿が閲覧された回数
  • リーチ:投稿を閲覧したユニークユーザーの数
  • プロフィールビュー:プロフィールページを閲覧した回数
  • ウェブサイトクリック:プロフィールページに記載されたホームページのURLがクリックされた回数

これらのデータは曜日ごとや過去1週間分などの数値で表示されます。

投稿に対する反響の確認

投稿に対して確認できる情報は、下記の通りです。

  • 「いいね!」の数
  • コメント数
  • 保存済み
  • インプレッション
  • リーチ
  • エンゲージメント:いいね!とコメントの総数

投稿ごとに分析することができます。

ストーリーに対する反響の確認

  • ストーリーへメッセージが送信された回数
  • ストーリーからの移動

ストーリーは通常の投稿とは異なり、上記の数値が表示されます。

フォロワーの分析

  • フォロワー数
  • フォロワーがインスタグラムを利用している時間帯
  • 性別
  • 年代
  • 場所

年齢別にも確認ができるので、アカウントがどのような層にフォローされているかが分析できます。

運用している広告の確認

広告を運用している場合は、過去に配信したものをを含めて広告の内容を確認することができます。

インスタグラムのインサイト分析データの使い方

インスタグラムのインサイト分析データを確認することで、アカウントの状態や改善方法などを考える時に活用できます。

ここでは、具体的なインサイト分析データの使い方について解説します。

アカウントの現状を確認する

まずは、インサイト分析機能を使って、アカウントの現状について確認しましょう。

  • フォロワー数
  • 平均いいね!の数
  • フォロワーの属性
  • プロフィールへのアクセス数

上記のデータを見ることで、アカウントの改善点や伸ばす部分について見えてきます。

問題と改善点を洗い出す

インサイト分析から問題と改善点について洗い出す作業を行います。

例えば、フォロワーの活動時間帯に合わせて投稿を打ち出していく、いいねの数が少ない写真と多い写真を比較してみる、など改善点を上げていきます。

問題の仮説を立てて改善点を上げることで、次のアクションの計画につなげていきます。

KPIを設定する

改善点が洗い出せたら、目標を達成するためのKPIを設定します。

フォロワーの数を増やしたいなら、フォロワー数をKPIに設定して効果を検証します。

KPIの設定方法については、<リンク>インスタグラムのKPI設定|効果測定とPCDAの回し方に記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

改善点を反映して投稿する

KPIの設定が完了したら、改善点を反映させて投稿します。

改善点の検証は1つずつ行っていくことが大切です。

1週間などの期間をきめて取り組み、検証結果をチェックしていく方法もおすすめです。

インサイトで結果を分析

改善案を反映させた投稿を行い、インスタグラムのインサイト分析を実施します。

検証前と比較して良かった部分や悪かった部分を挙げ、改善点を洗い出し、検証を行います。

数字が伸びた投稿や悪かった投稿など数字で把握ができるので、投稿単位で分析することができます。

このように、分析→検証→分析→検証のPDCAを繰り返すことで、インスタグラムのアカウントを成長させることができます。

インスタグラムのインサイトでできないこと

インスタグラムのインサイト分析は、スマートフォンのアプリからのみとなっています。

パソコンからは情報を閲覧することはできないため、アプリからの参照になります。

また、データの閲覧はできますが、CSVなどのダウンロードデータの提供はないので、エクスポートする場合は手動で記載するしかありません。

まとめ

今回は、インスタグラムのインサイト分析の方法や活用についてご紹介しました。

インスタグラムのビジネスアカウントでは、インサイト分析ができるので、インスタグラムマーケティングに活用できるツールです。

フォロワーの年齢層やいいね!の数を知ることで、より効果的な運用ができるので、ぜひ活用してみてください。

こちらの記事もおすすめです

【保存版】Instagramのビジネスアカウント(プロアカウント)の作り方

【保存版】Instagramのビジネスアカウント(プロアカウント)の作り方

Instagramには個人ページと企業向けの企業アカウントの2種類があります。 企業アカウ…

インフルエンサーマーケティングの費用と依頼時に注意したいポイント7選

インフルエンサーマーケティングの費用と依頼時に注意したいポイント7選

目次閉じるインフルエンサーマーケティングとはインスタグラマーの単価・費用はどの…

インスタグラム運用代行の料金やサービス

インスタグラム運用代行の料金やサービス

全世界で7億人以上が利用し、日本国内でも2,000万人以上が利用するInstagram。 10代…

Instagramの「IGTV」の使い方を解説!投稿方法や企業アカウントの活用方法も紹介!

Instagramの「IGTV」の使い方を解説!投稿方法や企業アカウントの活用方法も紹介!

IGTVとは、最大10〜60分の動画をInstagramのフィードやストーリーに投稿できる機能で…