インフルエンサー マーケティングとは、SNSで影響力を持つ「インフルエンサー 」に製品やサービスなどを紹介してもらい、認知や購買につなげる手法です。

最近では人気ユーチューバーやインスタグラマーなどにサービスを紹介してもらうことで、サービスの購買やファンを増やす方法として大きく注目されています。

この記事では、「インフルエンサー マーケティング」の意味から、企業がInstagramでインフルエンサーマーケティングを成功させるためにやるべきポイントについて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

インフルエンサーマーケティングの意味とは?

インフルエンサー マーケティングとは、SNS上で影響力を持つ「インフルエンサー 」に製品やサービスをPRしてもらうことで、口コミなどを通して購買の行動に影響を与えるものです。

主にコミュニケーション型のマーケティング手法であり、企業が直接消費者に訴えるマーケティング手法に比べて、消費者目線の視点でレビューしてもらうことで共感性と訴求力の高いPRで製品やサービスの認知や購買意欲の向上につながる手法として注目されています。

インフルエンサー とは?

先ほどから「インフルエンサー 」という言葉が出てきていますが、インフルエンサー の意味について押さえておきましょう。

インフルエンサー とは、Wikipediaによると、

インフルエンサー(英語: influencer)とは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと[1][2]。
引用元:Wikipedia

上記のように定義されています。

主にインスタグラムやフェイスブック、YouTubeなどのSNS上で活躍する影響力を持った人のことを表す意味で使われています。

インフルエンサー の種類

インフルエンサー にもいくつかの種類があります。

  • ナノインフルエンサー :フォロワー1000人〜
  • マイクロインフルエンサー:1万人〜
  • ミドルインフルエンサー:10万人〜
  • メガインフルエンサー :100万人〜

インフルエンサー と呼ばれる人の中には、著名人だけでなく一般人もいます。

その人がどれだけ影響力を持っているか(フォロワー数がどれくらいいるのか)によって種類が変わってきます。

インフルエンサー の種類は主にフォロワー数で分類され、「フォロワー数が多い=影響力が高い」と考えられています。

ただし、フォロワー数だけではなく、サービスとの親和性やフォロワーの属性などを考慮して総合的に判断することが必要です。

インフルエンサー マーケティングの市場は今後も成長する

インスタグラムの利用者数は国内で3,300万人を突破し、増加傾向です。

インスタグラムの中でも大きな影響力を持ったインスタグラマーも増えており、消費者に寄り添ったコミュニケーションができるマーケティング方法として期待されています。

▼Instagramの利用者数の詳細はコチラ
インスタのユーザー数は国内3万人以上!目的は検索と情報収集!

インフルエンサー マーケティングを活用するメリット

コミュニケーション型のマーケティング手法として注目されているインフルエンサー マーケティングですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、インフルエンサー マーケティングを活用するメリットについて見ていきましょう。

様々な施策が実施しやすい

インフルエンサー を活用したマーケティングは、様々な施策が実施しやすいことがメリットです。

例えば、製品を自宅に送り体験した感想をSNSに投稿してもらったり、現地訪問で現場をリポートしてもらったりすることで集客にも繋がります。

また、ライブ配信でインフルエンサー に商品紹介やリアルタタイムでの質疑応答により、不安を解消することで購買につなげやすいメリットも。

フォロワー数の多いトップ、メガインフルエンサー によりブランド情報を爆発的に拡散してもらうなどの方法もあります。

自社の製品やサービス、目的に合わせて柔軟に施策を実施できることは企業にとってもメリットでしょう。

ターゲティングがしやすい

コスメやグルメ、旅行などそれぞれのジャンルに特化したインフルエンサー は、そのジャンルに興味を持っているフォロワーを多く抱えています。

起用するインフルエンサー によって年代別、男女別、ジャンル別でターゲティングができるので、マーケティングを行う上で大きなメリットになります。

より興味関心の高い人へ製品やサービスを訴求してもらうことが可能になるので、ターゲットを絞って効率的な販売活動につながるでしょう。

消費者目線でレビューしてもらえる

企業が発信する情報とは異なり、インフルエンサー は消費者目線でレビューをしてくれることも特徴です。

実際に体験して利用した消費者目線での発信は説得力が高いため、フォロワーやユーザーの興味関心や共感を獲得してもらえるでしょう。

広告感が少なく受け入れてもらいやすい

インフルエンサー マーケティングでは、口コミや商品のレビューが主な拡散方法になるため、広告感が少なく受け入れやすいのも特徴です。

企業が発信する情報よりも、インフルエンサー のリアルな意見や口コミの方がユーザーにとって興味関心が高く、自然に聞き入れてもらいやすいこともメリットの一つ

また、広告表示をブロックする機能を利用している人もいますが、インフルエンサー のPRは通常の投稿によって実施されるため、ブロックされず届きやすいです。

口コミとUCGの獲得が期待できる

インフルエンサーは共感性の高いコンテンツを生み出してくれるので、質の良い「口コミ」が拡散されやすくなります。

ブランドの話題性や製品、サービスの信頼度を高めることにも繋がるでしょう。

インフルエンサー マーケティングを活用するデメリット

続いて、インフルエンサー マーケティングを活用するデメリットについて見ていきましょう。

インフルエンサーの選定が難しい

インフルエンサー マーケティングにおいて、インフルエンサー 選びが結果を左右すると言っても過言ではありません。

最近ではフォロワーを買って数を多く見せたりする手法もあるため、フォロワー数だけを見て判断するのは危険です。

インフルエンサー の選定には、自社のサービスやブランドとの親和性や投稿の質、フォロワーからの反応など総合的に判断することが大切。

マーケティングの目的に合っていないインフルエンサー を選定してしまうと成果に繋がりにくくなることを理解しておきましょう。

炎上のリスクもある

インフルエンサー による製品や商品PRの際には、ステマによる炎上のリスクもあります。

ステマとは、ステルスマーケティングの略であり、企業案件であることを隠し、自然にユーザーに宣伝しフォロワーを騙す行為です。

ステマが発覚するとインフルエンサー だけでなく、企業の社会的な信用やブランドイメージにも傷がついてしまうため、インフルエンサー マーケティングの際には注意が必要になります。

高いリテラシーを維持する必要がある

インフルエンサー マーケティングを実施する際には、高いリテラシーを維持する必要があります。

たった一つの言葉や投稿で炎上し、ネガティブなイメージがついてしまう事もあるため、高いネットリテラシーを維持する事も求められます

自社の投稿が原因で企業ブランドにネガティブなイメージがついてしまうと、口コミなどで拡散されてしまう事もあるため、注意しましょう。

Instagramによるインフルエンサー の活用ポイント

企業がInstagramを使ってインフルエンサー マーケティングを行う場合、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか?

インスタグラムによるインフルエンサー の活用ポイントを見ていきましょう。

ストーリーズを活用してURLリンクへ誘導する

インスタグラムのフィード投稿ではURLリンクが有効にならないため、自社サービスページなどに誘導する場合は、ストーリーズなどを活用してURLリンクへ誘導するなどの手法がおすすめです。

フォロワー1万人を超えているインスタグラマーは、ストーリーズ投稿にURLリンクを設置できるため、投稿をフル活用してもらいましょう。

フォロワーが喜ぶネタを提供する

女性ユーザーが多いインスタグラムでは、コスメやグルメ、旅行など、様々なカテゴリーに特化したインスタグラマーも存在しています。

インスタグラマーに自社製品やサービスをPRしてもらうためには、フォロワーが喜ぶネタを提供することが大切です。

サービス提供者の目線だけでなく、フォロワーが興味関心を持ってくれるようなネタやサービス、割引などの施策を考える事も成功の秘訣でしょう。

「企業とのタイアップ」タグでステマによる炎上を防ぐ

先ほどのステマを防ぐために、Instagram内には「ブランドコンテンツのタイアップ投稿タグ」と呼ばれるものがあります。

プロモーションで使用する投稿に、上記のタグを設置する事でステマを防ぐことができます。

企業やブランドとインフルエンサー との関係性を明示できるだけでなく、タグから企業のInstagramページへ遷移させる事も可能です。

また、インサイト機能を活用してパフォーマンスもチェックすることができます。

インフルエンサー をキャスティングする方法

インフルエンサー をキャスティングする方法としては、いくつかの方法があります。

企業担当者が直接連絡する

企業担当者がインフルエンサー に直接DMや連絡をする方法があります。

自社でキャスティングを行うため、キャスティングの外注費が掛からず、インフルエンサー と直接交渉が可能です。

インスタグラマーやユーチューバーなど個人で受けている人もいるので、依頼したいインフルエンサー に直接依頼しましょう。

インフルエンサー キャスティング専門業者に依頼する

インフルエンサー の選定から管理、効果分析までマーケティング作業を外注する場合は、キャスティング専門業者に依頼をする方法があります。

キャスティング専門業者に依頼する場合は、選定から依頼までの外注費などのコストも割高になります。

キャスティングツールを活用する

プラットフォーム型のキャスティングツールを活用して、インフルエンサー を選定する方法もあります。

インフルエンサーのマッチングを行うプラットフォームサービスで、条件に合わせてインフルエンサー を検索することが可能です。

マイクロインフルエンサーを活用したいマーケティングの場合は、キャスティングツールを活用すると良いでしょう。

インフルエンサー に依頼した場合の費用は?

インフルエンサーに自社製品やサービスのPRを依頼した場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

ここでは、インフルエンサー に依頼した場合の費用について見ていきましょう。

フォロワー数×企業が設定する単価

インフルエンサー マーケティングの費用相場は、フォロワー数×企業が設定する単価の場合が一般的です。

単価の部分に関しては、キャスティング会社によって金額が変動するため確認しておきましょう。

また、フォロワーの数やインスタグラマーの種類によって、単価も変動します。

案件の内容によって値段も変わってくるので、案件やインフルエンサーによって費用が異なります。

フォロワー単価の平均は1フォロワー3〜5円

フォロワーの単価の平均は、1フォロワー3〜5円ほどと言われています。

あくまで相場であり、キャスティング会社やインフルエンサー によって設定金額は異なりますので、直接確認されることをおすすめします。

インフルエンサー マーケティングはインフルエンサー 選びが重要

インフルエンサー マーケティングの需要も増え、SNS市場は今後も成長していくことが考えられますが、企業のマーケティングを成功させる秘訣は、インフルエンサー 選びです。

自社のブランドイメージやサービスの魅力を引き出し、共感性に訴求できるインフルエンサー を選ぶことが大切になります。

インフルエンサーの選定には様々な方法がありますが、フォロワー数だけで判断するのではなく、投稿の質やフォロワーとの親和性などを見極めることが必要です。

弊社では、企業向けのインスタグラムの運用やサポートなどSNSマーケティングのサポート事業を行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もおすすめです

インスタグラムの表示順が変わった!投稿を見てもらうために知っておきたい知識

インスタグラムの表示順が変わった!投稿を見てもらうために知っておきたい知識

インスタグラムには自分がフォローしたアカウントの投稿が表示されますが、実は投稿…

インスタのフォントを可愛くできるインスタのフォントの変え方を紹介!

インスタのフォントを可愛くできるインスタのフォントの変え方を紹介!

インスタのプロフィールにかわいいフォントを使ったアカウントを見たことがある方も…

投稿の悩みを解決!インスタの予約投稿ができる「クリエイタースタジオ」の使い方を解説!

投稿の悩みを解決!インスタの予約投稿ができる「クリエイタースタジオ」の使い方を解説!

インスタグラムを運用する企業様の中で「投稿が続かない」というお悩みを聞くことが…

インスタグラムのなりすましに注意!偽アカウント被害の対策とは?

インスタグラムのなりすましに注意!偽アカウント被害の対策とは?

最近では、企業アカウントになりすました偽アカウントによる被害が報告されています…