Instagramには個人ページと企業向けの企業アカウントの2種類があります。

企業アカウントに切り替えることで、インサイト分析や広告出稿など、インスタを活用できる幅が広がることが特徴です。

この記事では、インスタグラムのビジネスアカウントの作り方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

Instagramのビジネスアカウント(プロアカウント)とは?

Instagramのビジネスプロフィールとは、個人アカウントとは異なり、連絡先や住所を掲載できるものです。

企業情報の掲載だけでなく、投稿を広告として出稿したり、投稿を分析できるインサイトなどのビジネスツールが使えるようになります。

ビジネスツールはInstagramが提供する公式ツールなので、ビジネスアカウントに切り替えることで利用することが可能です。

企業アカウントとしてインスタグラムを運用する場合は、インサイト分析なども重要になるので、早い段階からビジネスプロフィールに切り替えておきましょう!

インスタの企業アカウントを開設する手順

インスタの企業アカウントを開設するためには、まずはInstagramのアカウント取得が必要になります。

個人アカウントから解説→ビジネスプロフィールへの切り替えの手順です。

まずは、アカウント取得の手順から見ていきましょう!

①インスタグラムのアカウント取得

アカウントの取得はPC、スマホのどちらでもできますが、スマートフォン向けに作られているので、スマートフォンからの登録をおすすめします。

また、インスタグラムの公式ツールであるインサイトの閲覧などは、アプリからしかチェックできないなどの制約もあるので、登録と同時にアプリも取得しておきましょう。

Instagram自体はPCでも閲覧はできますが、投稿やDMの送受信などはできません。

アカウント取得の流れ

①電話番号またはメールアドレスを登録

インスタグラムのアカウント登録はFacebookアカウントと連携して登録することも可能です。

企業アカウントとして活用する場合は、電話番号またはメールアドレスで登録しましょう。

続いて、名前とパスワード、ユーザーネームを設定します。

ユーザーネームは投稿に表示されるので、企業やサービスをイメージやすい名前にするのがおすすめです。

②プロフィールの設定

プロフィール画面の編集は、画面の「プロフィールを編集」というボタンから編集が可能です。

プロフィール写真や公式サイトのURL、自己紹介などを入力します。

自己紹介にもハッシュタグを設置できるので、自社のサービスや商品に近いものを入れておくと良いでしょう。

ハッシュタグの基本知識をもっと見る

インスタグラムはハッシュタグが重要!ハッシュタグの活用方法

ビジネスアカウント(プロアカウント)に切り替える手順

ビジネスアカウントを利用するためには、通常のプロフィールからビジネスプロフィールに切り替えます。

ビジネスプロフィールに切り替える場合は、Facebookページがあれば便利なので、Facebookページを用意しておきましょう!

Facebookページがある場合

Facebookページが既にある場合は、インスタのアカウントと連携させることでビジネスプロフィールへの切り替えが可能です。

①プロフィールページの右上をタップして「設定」へ

②設定から「アカウント」をタップ

③Facebookをタップしてログインをする

④連携するページを選ぶ

Facebookとの連携の手順を詳しく見る

インスタグラムのビジネスアカウントとFacebookの連携方法

Facebookページがない場合

以前はFacebookページがなければビジネスアカウントへの移行が出来ませんでしたが、最近はページがなくてもアカウントの切り替えができるようになりました。

Facebookページがなくてもインスタのビジネスアカウントの利用ができます。

①プロフィールページから「設定」→「アカウント」をタップ

②「プロアカウントに切り替える」をタップ

③ビジネスを選択してカテゴリーを選ぶ

④クリエイターorビジネスのどちらかを選ぶ

クリエイターアカウントでもインサイトなどの情報を見ることができます。

ビジネスアカウントとの違いは、カテゴリラベルと連絡先の表示を選べることです。

参考元:クリエイターアカウントについて(Instagramヘルプセンター)

⑤メールアドレス、電話番号、住所のいずれかの情報を入力

⑥「Facebookページにリンクしない」を選択

インスタのビジネスアカウントに切り替えるメリット

個人アカウントからビジネスアカウントに切り替えることで、投稿の分析や広告を出稿したりすることができます

ビジネスアカウントに切り替えるメリットについて見てきましょう!

①インサイト機能を使って分析ができる

投稿やストーリーズのリーチ数やいいね!の数などのデータを見れるようになります。

インサイトはインスタグラムの公式ツールですが、ビジネスプロフィールでしか利用できません

インサイトをチェックすることでいいね!の傾向や投稿の内容などを分析することができます。

▼関連記事

インスタグラムのインサイトの分析データの見方と改善方法

②広告の出稿ができる

ビジネスアカウントに切り替えることで、投稿を広告として出稿することができます。

インスタのユーザー層は20〜30代の若い女性が中心となっているので、より多くのターゲットにリーチすることが可能です。

▼関連記事

インスタグラムの広告の種類と出稿方法を解説!

③プロフィールに問い合わせ先を掲載できる

ビジネスプロフィールでは、連絡先を掲載することができるので、インスタからの問い合わせに繋げることが可能です。

メールや電話番号、サイトURLを設定することができます。

④インスタグラムを運用しやすくなる

先ほどのインサイトと重複する部分もありますが、ビジネスアカウントに切り替えることでインスタグラムを運用しやすくなるメリットがあります。

インサイトのデータが取得できるので、運用に欠かせないKPIの設定にも役立ちますよ!

▼関連記事

インスタグラムのKPI設定|効果測定とPCDAの回し方

ビジネスアカウントのデメリット

続いて、ビジネスアカウントに切り替えることによって起こるデメリットについて見ていきましょう。

アカウントを非公開設定できない

個人アカウントは非公開設定が可能ですが、ビジネスアカウントに切り替えることで非公開設定は利用できません。

非公開アカウントとして運用したい場合は、個人アカウントのまま運用されることをおすすめします。

連携したFacebookページ以外でシェアができない

2つ目のデメリットは、アカウントと関連づけたFacebookページでしかシェアできないことです。

関連づけたFacebookページ以外でシェアしたい場合は、個人アカウントに戻す必要があります。

ビジネスアカウントを個人アカウントに戻す時は?

インスタのビジネスアカウントはいつでも個人アカウントに戻すことができます。

個人アカウントからビジネスアカウントへの切り替えも簡単です。

①プロフィール画面から「設定」をタップ

②「アカウント」の下の「個人用アカウントに切り替える」をタップ

上記の流れで個人アカウントへ切り替えることができます。

インスタのビジネスプロフィールはメリットが多い

今回は、インスタのビジネスプロフィールの作り方を解説しました。

インスタのビジネスアカウントはインサイト分析ができたり、企業アカウントとして運用するメリットが多いことが特徴です。

アカウントはいつでも個人アカウントへの切り替えができるので、目的や用途に合わせて使い分けましょう。

こちらの記事もおすすめです

インスタグラムとTwitterの違いと特徴は?SNSの効果的な使い分けを解説!

インスタグラムとTwitterの違いと特徴は?SNSの効果的な使い分けを解説!

インスタグラムはツイッターなどのSNSと連携する機能がありますが、それぞれの使い分…

インスタグラム運用代行の料金やサービス

インスタグラム運用代行の料金やサービス

全世界で7億人以上が利用し、日本国内でも2,000万人以上が利用するInstagram。 10代…

インスタグラムのフォロワーが増えない、主な理由と対策はこれ

インスタグラムのフォロワーが増えない、主な理由と対策はこれ

インスタグラムのビジネス活用で集客を考える際、一つの指標になるのがフォロワーの…

インスタの「ハイライト」機能とは?作り方や企業アカウントの活用方法を解説!

インスタの「ハイライト」機能とは?作り方や企業アカウントの活用方法を解説!

インスタグラムの便利な機能の一つとして、「ハイライト」機能があります。 24時間限…